クレジットカードを上手く使いこなすことで有意義な生活を送ることができる

クレジットカード選びが失敗している?

もしあなたが日常生活の中でクレジットカードを使う機会がないというのならそれはクレジットカードの選び方の段階で失敗しているのかもしれません。

自分のライフスタイルに合わせてクレジットカードを選んでおけば使う機会はかならずあるからです。

車によく乗る人ならガソリン価格がお得になるENEOSカードがありますし、旅行に行くのが好きな人ならマイルが貯まるカードがあります。

他にも特定のスーパーやデパートを利用しているのならそこが発行しているカードで支払えばキャッシュバックやポイントが貯まりそれを使ってお得に買い物が出来ているはずです。

特に何も買っていないという人でもコンビニぐらいは行きますよね。

それならファミマTカードが使えます。他にもネットショッピングをする時もクレジット払いが便利です。

自分が日頃どんな事にお金を使っているのか、それに当てはまるのか考えたうえでクレジットカードを作りましょう。

現金払いは損をしている

あるお店で食事をしたとしましょう。そのお店はクレジットカードを使用は可能です。

あなたの財布には現金とクレジットカードがあります。あなたはどちらで支払いをしますか?

この時に現金払いと答える人もいると思うのです。

その人はお金を下ろし忘れて現金がないのならクレジットカードを使うけど、今は財布にお金があるから現金で支払う。

そう考えるのかもしれません。それにクレジットカードだと財布の中身が減らずについついお金を使いすぎてしまうという人もいるでしょう。

確かに使いすぎてしまうのは困りますが、支払いをするのを現金で支払えば何もつきません。

クレジットカードで支払えばポイントが貯まったらキャッシュバックされたりするので実質的に同じ金額を支払っているつもりでいてもクレジットカードの方が得だという事を意識しましょう。

そうして使う金額は変えずに、支払い方法だけをクレジットカードに切り替える事が出来ればクレジットカードのメリットを実感する事が出来るのではないでしょうか?

たくさんの機能を備わったクレジットカードを持とう

クレジットカードの一体型のカードの存在を知っていますか?

クレジットカードでありながらSuicaなどの電子マネーの機能が備わったクレジットカードです。
では一体型にする事でどんな利点があるのでしょうか?

一体型のメリットとは

まずクレジットカードに電子マネーの機能がつく利点は2枚のカードを持つ必要がなくなったという点です。
あまりカードが多くて財布が膨らんでしまうのは嫌ですよね。
それに利点は2枚が1枚になるというだけではありません。電子マネーの支払いをクレジットで行う事が可能なのです。
つまり電子マネーとはチャージする必要があり毎回切符を購入するよりはマシですが、チャージをするのが面倒だったのですがその手間を省く事が可能になったのです。

もちろんクレジットカードから見た利点もあります。
クレジットカードは交通機関や自動販売機などの支払いは今まで出来ませんでした。
しかし電子マネーの機能がついた一体型のカードであればカードが使える範囲が広がったのです。
もともとクレジットカードと電子マネーは棲み分けされていて、クレジットカードが使えるところは電子マネーは使えない。
そして電子マネーが使えるところはクレジットカードは使えない事が多かったのです。

そのためどちらか1枚しか持っていない場合はせっかくカードを持っているのに現金を支払う必要が生じてしまいます。
しかし一体型であればこれ1枚のカードがあればどこでも使えるので極端な話もう現金を持ち歩く必要はなくなったと言えるでしょう。

それにクレジットカード、電子マネーのどちらかを使えばポイントが発生します。
そして発生したポイントが合算されるので、ポイントが貯まりやすくなったと言えるでしょう。

一体型のカードのデメリットとは

メリットばかりに見えますが、デメリットがあるとすれば紛失した時です。
クレジットカードをなくしても電子マネーがあればとりあえず電車に乗ってコンビニでお昼を買えばなんとか1日を乗り切れるなんて事もあったでしょう
しかし一体型をなくしてしまえば、お金を取りに自宅まで戻らなければいけず遅刻してしまうかもしれません。